MENU

電動アシスト自転車補助金の愛知県まとめ!名古屋/蒲郡/豊橋など

当ページのリンクには広告が含まれています。
電動自転車(電動アシスト自転車)補助金の愛知県の導入状況2023年版

本記事では、愛知県内で導入されている電動自転車補助金(電動自転車アシスト補助金)の採択条件・補助金額の上限や募集はいつからいつまでなのかをまとめています。

結論からお話しすると、2023年10月現在で愛知県内にて電動自転車補助金が使えるのは下記の通り。

  • 蒲郡市⇒18歳以上の方/上限15000円(購入金額の3分の1補助)
  • 豊橋市⇒70歳以上の方/上限15000円(購入金額の4分の1補助)

愛知県内にお住まいの方で電動自転車の購入を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

\ 蒲郡市・豊橋市以外の方は通販もオススメです! /

蒲郡市ならびに豊橋市以外にお住まいの方は現状だと電動自転車補助金が導入されていないため、Amazon・楽天をはじめとした通販サイトのセール期間を利用するのもおすすめです。

そもそも愛知県内の自転車補助金は「15000円が上限」なので、Amazonプライムセール・ブラックフライデーセール・楽天セールを利用すれば補助金と同等レベルの割引額(ポイント還元で実質15000円引き等)での購入が狙えます。

また、地域の電動自転車補助金は「子供が2人以上乗れる自転車」が条件のため、通勤やプライベート利用目的で使うような自転車は補助対象外。「可能なら日常利用でも使える電動自転車が欲しい…」とお考えの方もセール期間を狙うのはオススメです。

▶︎ Amazonで電動自転車を探す
▶︎ 楽天市場で電動自転車を探す
▶︎ メルカリで電動自転車を探す

目次

電動アシスト自転車補助金は愛知県も導入開始!【名古屋/蒲郡/豊橋など】

冒頭でもお伝えした通り、2023年現在の愛知県内の電動自転車補助金を導入している自治体は下記になります。

  • 蒲郡市
  • 豊橋市

【蒲郡市】電動アシスト自転車補助金の応募条件や補助金額

補助金額は上限15000円(購入金額の3分の1)となります。

採択件数は前期50件・後期50件となっているため、導入を検討されている方はお早めに申請の準備を進めましょう。

スクロールできます
条件1自分で使用する目的で購入する自転車が対象
条件2蒲郡市内で購入する自転車限定
※中古・転売品は補助対象外
条件3購入した自転車を防犯登録すること
TSマークが貼付されていること
条件4申請者が18歳以上であり、蒲郡市内に住所があり住んでいること
条件5市税を完納していること
条件6通勤・通学・買い物などの日常の移動手段に電動アシスト自転車を積極的に活用し
自動車、自動二輪車又は原動機付自転車等に頼らない生活を実践しようとする方

申請書を送る手順としては、下記の通りです。電動自転車アシスト補助金が採択されてから自転車本体を購入する流れとなります。

①自転車販売店にて見積書を作成してもらう
 (見積日・氏名・販売店名・本体購入価格・社印が必須)
②自転車のパンフレットを貰う(コピーでも可)
③第1号様式】電動アシスト自転車購入費補助金交付申請書を記入
④蒲郡市環境清掃課(クリーンセンター)へ郵送・もしくは直接持参する

他県の電動自転車補助金に比べると蒲郡市の内容は、申請ハードルが低いため、電動自転車を活用したい方はぜひ申請するのがオススメです。他県の場合は、世帯に2人以上の6歳以下の幼児を養育していることが最低条件であるケースが多いため、蒲郡市の電動アシスト自転車補助金の対象になる方はかなり多いはずです。

より詳しい申請条件や申請書類のダウンロードは蒲郡市公式ホームページ「電動アシスト自転車購入費補助金の募集について」をご覧ください。

【豊橋市】電動アシスト自転車補助金の応募条件や補助金額

補助上限は15000円(購入金額の4分の1)です。

条件170歳以上の方
条件2豊橋市内に住民票があること
その住所に住んでいること
条件3市税等を完納していること
条件4運転免許証を自主返納していること
※返納後1年以上経過していると対象外
条件5豊橋市ないの販売店にて電動アシスト自転車を購入すること
条件6とよはしエコファミリーに宣言登録すること

豊橋市内で導入されている電動アシスト自転車補助金は70歳以上の高齢者向けとなっており、子育て世帯向けや通勤通学の方向けの電動自転車補助金はまだ検討段階です。

こちらの補助金は「70歳以上であること」・「免許証を自主返納していること」が条件ですが、注意したいのが「自主返納から1年が経過していると対象外になってしまう」といった点です。

詳細は豊橋市公式ホームページ「高齢者運転免許証自主返納 電動アシスト自転車購入補助金」をご確認ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次